わかば会員の介護の状況/2012年3月末現在
※詳細については以下をご覧ください。(上記各項目をクリックすると該当詳細へスキップします)

(1)在宅 入院・入所別
(%)
在宅 45
入院・入所 55
 
※「入院・入所」の層が多くなっていますが、入院の場合は概ね3カ月を経過すると病院から転院又は在宅を促されるケースが多く、最近は転院先が見つからない、在宅で介護した方が良い等の理由により、「在宅」になる方が増加しています。

up

(2) 障がい当事者の性別
  (%)
男性 70
女性 30
※下記(3)発症原因の通り交通事故が多く、また下記(5)介護者と障がい当事者の関係の通り妻が夫の介護している方が多く、従って、「男性」が多くなっています。

up

   
(3) 発症原因
(%)
交通事故 60
その他の事故 9
脳血管の病気 12
低酸素脳症 11
医療過誤 2
その他 6
※発足の頃は「交通事故」の方が殆どでしたが、最近は「脳血管の病気」、「低酸素脳症」、「その他の事故」の方の入会も増加しています。

up

(4)障がい当事者の現在の年齢
  (%)
20歳未満 4
20歳代 17
30歳代 30
40歳代 15
50歳代 12
60歳代 13
70 歳以上 8
※5年前に調べた時は「20歳代」が多かったのですが、下記(6)発症~現在までの介護年数の通り介護年数も長期化しており、従って、現時点では「30歳代」が最も多い層となっています。

up

(5) 介護者と障がい当事者の関係
  (%)
親が子の介護 60
妻が夫の介護 19
夫が妻の介護 9
子が親の介護 8
兄弟・姉妹の介護 4
※上記(3)発症原因の通り交通事故が多いため「親が子の介護」の層が最も多いですが、最近は脳血管の病気、低酸素脳症が原因の方も増えており、配偶者や親の介護の方の入会が増加しています。

up

(6)発症~現在までの介護年数
  (%)
2年未満 7
2年以上5年未満 26
5 年以上10 年未満 36
10年以上20年未満 27
20年以上 4
※現在は「5年以上10年未満」の層が最も多いですが、遷延性意識障がいでは介護が長期化することは避けられませんので「10年以上20年未満」及び「20年以上」の層も非常に多く、介護者亡き後の対策は深刻な問題です。

up

(7)家族会員のエリア分布
(%)
東京都 43
神奈川県 18
千葉県 18
埼玉県 7
新潟県 4
茨城県 2
栃木県 2
静岡県 2
群馬県 1
北海道 1
青森県 1
宮城県 1
※事務局が東京にあるため「東京都」、「神奈川県」、「千葉県」が多いですが、その他の県でもある程度人数がまとまれば、そのエリア会員対象にリハビリ等のミニ学習会を実施するプログラムも用意しています。
(8)会員数の推移
わかば会員数推移
家族会員 賛助会員
【 設立 】      
1998年7月 4 7 11
1999年7月 35 12 47
2000年7月 53 22 75
2001年7月 63 24 87
2002年5月 72 27 99
2003年5月 69 29 98
2004年6月 72 29 101
2005年5月 75 24 99
2006年4月 73 20 93
2007年4月 77 17 94
2008年4月 96 20 116
2009年4月 108 23 131
2010年4月 142 33 175
2011年4月 136 30 166
2012年4月 140 33 173
2013年4月 148 39 187
会員推移

up
    

2016年3月末現在版はこちらでご覧になれます